[2024]ゲーミングPC初心者におすすめの製品と選び方

こんばんは、クスノキです。PCゲームが人気になりeSportsも盛り上がりを見せています。それに伴いゲーミングPCを買う人も爆発的に増えているのですが、はじめてゲーミングPCを買うと考えている方の中には選び方やどれがおすすめかわからない方も多いと思います。

今回ははじめてゲーミングPCを購入する初心者の方向けにPCの選び方と今おすすめのゲーミングPCを紹介します。

目次

ゲーミングPCを買うならBTOか自作

ゲーミングPCを用意する方法はBTOと自作の大きく2つの方法があります。

BTOとは「Build to Order」(ビルド・トゥー・オーダー)の略で、注文販売の形態の1つです。どういうパソコンにするかユーザーが決める販売方式です。

例えばiPhoneはストレージの容量にいくつかのバリエーションがあるものの性能は一緒です。もしiPhoneをBTOとして販売するなら、搭載するチップセットを自分で選んだりバッテリー容量を自分の用途にあわせて選ぶことができることになります。

ゲーミングPCにおけるBTOはCPUやグラフィックボードを予算や用途に合わせて選び、その構成で組み立てられたPCを届けてもらうことを意味します。

自作PCはすべてのパーツを自分で決めて自分で組み立てるやり方です。表面的なスペックだけでなくより細かくどのメーカーのどれを搭載すると決められる点が最大の魅力ですが、パーツ選びや組み立てに関する知識が求められるためはじめての方にはハードルは高めです。

これからゲーミングPCを買おうと考えている場合はまず、BTOにするか自作PCにするか決めましょう。はじめてのゲーミングPCであればBTOがおすすめです。

この記事ではBTOでのゲーミングPCの選び方や用途に応じたおすすめの製品を紹介します。自作PCに興味がある方は自作PCに必要なものや選び方を別記事にまとめているのでそちらを参考にしてください。

ゲーミングPCの選び方【BTO】

ゲーミングPCを選ぶ方法はいくつかありますが、基本的な選び方は他の買い物とあまり変わりはありません。予算はどれくらいなのか、どれくらいの性能を求めるのか等々。そこでゲーミングPCの選び方としてメジャーな方法を紹介します。一つの見方で選んでも良いですが、それぞれの見方を組み合わせて選ぶことでより欲しいものが絞り込めると思います。

予算で選ぶ

ゲーミングPCを選ぶときに最初に想定しておきたいのは自分の予算はどれくらいかということです。性能は上から下まで幅広いため、「予算はこれくらいまで」と想定しておきましょう。よく選ばれるゲーミングPCの価格は20万円前後です。

20万円前後のゲーミングPCであればフルHD解像度であれば多くのゲームでとても快適に遊べますが、WQHDや4Kで快適に遊ぶのは難しいです。

そこで2024年時点のゲーミングPCで予算ごとにどれくらいの快適性が実現できるか目安表を作りました。

それぞれ求めるゲームの快適度が異なると思うので参考にしてください。

どれくらいのお金をかければ求める快適度が実現できるのかがある程度わかる目安表を作りました。

前提としてCPUとグラフィックボード、特にグラフィックボードに優先的に予算をかけてあるPCでの目安になります。CPUとグラフィックボードのバランスが取れていないものやオプションによる拡張を行う場合はこの目安表には当てはまらないので注意しましょう。

2023年版】予算別ゲーミングPCの快適度目安表(Apex Legends基準):

~60万~50万~40万~30万~20万~10万
4K/60FPSとても快適とても快適とても快適快適快適厳しい
WQHD/144FPSとても快適とても快適快適快適厳しい厳しい
WQHD/60FPSとても快適とても快適とても快適とても快適とても快適快適
フルHD/240FPSとても快適とても快適快適厳しい厳しい厳しい
フルHD/144FPSとても快適とても快適とても快適とても快適とても快適厳しい
フルHD/60FPSとても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適
とても快適:最高設定でも余裕がある
快適:設定を落とすことで実現可能
厳しい:その価格帯での実現は難しい

遊びたいゲームで選ぶ

ゲーミングPCを買うときの動機として「遊びたいゲームができた」という人も多いと思います。予算を決めてゲーミングPCを選ぶ方法もありますが、そのゲームが求める性能を満たすPCを選ぶという方法もあります。

ただし、ゲーム公式が公表している推奨動作環境はなにを基準に推奨と言っているのか不明な点が多いです。フルHD60FPSで快適なのか、144FPS以上で安定して快適なのか。人によって快適とするレベルは異なります。

BTOメーカーは各ゲームタイトルの推奨モデルを販売しているので、遊びたいゲームの推奨モデルがあればその中から選ぶと良いです。

パーツを決めて選ぶ

PCは多くのパーツによって構成されますが、ゲーミングPCにおいて重要なパーツはCPUとグラフィックボードです。

ゲームを快適に遊ぶためにはCPUとグラフィックボードの性能がバランスを取れていることが重要です。CPUの性能が良くてもグラフィックボードは搭載していなかったり性能が不足するものを選んだ場合、ゲームは快適になりません。同時にグラフィックボードは一級のものを選んだとしてもCPUが低性能だとこれもやはり快適にはなりません。2つのパーツのバランスが重要です。

CPUとグラフィックボードのバランスが取れているという前提で、ゲーミングPCはグラフィックボードがより重要になります。そこで2023年に販売されているNVIDIAのグラフィックボードでどれくらいの快適度が実現できるのかという目安表を作りました。自分の求める快適度にはどのグラフィックボードが必要か参考にしてください。

今発売されているNVIDIAの「RTX 40」世代における性能目安は以下のとおりです。実際の性能はゲームが求める負荷に依存するので下記リストに当てはまらない作品もある点はご容赦ください。

FPSゲームにおけるグラフィックボード別快適度(Apex Legendsで想定):

RTX 4090RTX 4080 SUPERRTX 4080RTX 4070 Ti SUPERRTX 4070 TiRTX 4070 SUPERRTX 4070RTX 4060 TiRTX 4060GTX 1660 Super
4K/60FPSとても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適快適快適厳しい
WQHD/144FPSとても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適快適快適快適厳しい
WQHD/60FPSとても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適快適
フルHD/240FPSとても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適快適厳しい厳しい厳しい
フルHD/144FPSとても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適厳しい
フルHD/60FPSとても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適

アクションRPGにおけるグラフィックボード別快適度(とても重いサイバーパンク2077で想定):

RTX 4090RTX 4080 SUPERRTX 4080RTX 4070 Ti SUPERRTX 4070 TiRTX 4070 SUPERRTX 4070RTX 4060 TiRTX 4060GTX 1660 Super
4K/60FPSとても快適快適快適厳しい厳しい厳しい厳しい厳しい厳しい厳しい
WQHD/60FPSとても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適快適快適厳しい
フルHD/144FPSとても快適とても快適とても快適とても快適とても快適快適快適快適快適厳しい
フルHD/60FPSとても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適快適快適
とても快適:最高設定でも余裕がある
快適:設定を落とすことで実現可能
厳しい:その価格帯での実現は難しい

※あくまでもボトルネックにならない組み合わせ時の目安

大きさを決めて選ぶ

ゲーミングPC本体のケースにはいくつかのサイズがあります。一般的なゲーマー向けのミドルタワーやヘビー層向けのフルタワー、ライト層向けのミニタワーなどいくつかの形があります。

デスクトップPCは本体のサイズによって圧迫感や置く場所に苦労することがあるので本体サイズを考慮しておくのもあとから後悔しないためには大切です。

ただし、一定性能以上になるとパーツを収めるためにミドルタワーやフルタワーにしか選択肢がなくなることが多いです。(グラフィックボードは性能によってパーツの大きさが異なるため)

大きく分けてPCケースには大型のものと小型のものがあります。

大型ケースがおすすめな人
  • できるだけ性能の良いPCがほしい
  • ゲームは画質設定を落とさず快適に遊びたい
  • 購入後に不足があれば拡張・カスタマイズすることに興味がある
  • PCを置く場所に困らない
小型ケースがおすすめな人
  • 購入後に拡張やカスタマイズする気はない
  • PC本体は小型で場所を取らないほうが良い

ゲーム性能を重視する方はミドルタワーやフルタワーがおすすめで、PCの場所を取らないことを重視する方はミニタワーを選ぶと良いでしょう。デスクトップPCではなくゲーミングノートPCという選択肢もあります。

ミドルタワー(大型)

ミドルタワーはゲーミングPCの中で最も多くの方に選ばれているケースです。性能と本体サイズのバランスが良いのが特徴です。

それなりにケースが大きいこともあり冷却性能に優れたCPUクーラーなどを搭載することも可能です。フルタワーと比べると劣りますが、一般的には拡張性も十分です。

はじめてゲーミングPCを買われる方におすすめできるサイズ感と言えます。

フルタワー(大型)

フルタワーは重量級のゲームを快適に遊びたい方など、本格的にPCゲームを楽しみたい方に選ばれるケースです。

4K解像度や240FPSを目指すと必然的に高性能のグラフィックボードが必要になりますが、パーツが大きくミドルタワーやミニタワーには搭載できないことがあります。フルタワーはこれらの問題を一手に解決するだけでなく、高い拡張性とメンテナンス性を有していることが大きな魅力です。

反面、はじめてのゲーミングPCでフルタワーを買われる方の多くがそのケースの大きさ(例:215×490×481mm)に驚くことになります。PC本体を置く場所をある程度確保しておく必要があるケースです。

ミニタワー(小型)

ミニタワーは場所を取らないことが特徴のケースです。テーブルの上に置いても邪魔にならない大きさで足元にPCを起きたくない人におすすめできるサイズ感です。

小型PCで高性能は難しいのが実情でしたが、最近ではミニタワーながら「NVIDIA GeForce RTX 4070」を搭載する製品も出てきていることから以前よりは性能の壁はなくなってきている印象です。

とは言え限られた空間にパーツを詰め込んでいるため、拡張性は高いと言えません。ゲーミングPCを買った後に自分で拡張したりパーツを交換してみたい方にはおすすめできず、とにかくゲームが遊びたい方やデスク周りをスッキリさせることを重視する方におすすめできるケースになります。

ゲーミングノートPC

ゲーミングPCというと一般的にデスクトップPCのことを指しますが、ゲーミングノートPCも販売されています。

最大の魅力はなんといっても持ち運びが容易であることです。

反面、デスクトップPCと同じ性能のものを用意すると割高な点には注意が必要です。

目次に戻る

【2024年5月】おすすめのゲーミングPC3選

ここからは実際に2024年5月時点でおすすめできるゲーミングPCを実現可能な用途ごとに紹介します。

予算で選びたい方や搭載しているグラフィックボートで購入するゲーミングPCを選びたい方は後述しているのでそちらをご覧ください。

フルHDで144FPSも快適なバランス型のおすすめゲーミングPC【2024年定番構成】

CPUIntel Core i7-14700F
メモリDDR5-4800 32GB(16GBx2)
グラボNVIDIA GeForce RTX 4070 SUPER(12GB)
SSD1TB(M.2 NVMe Gen4)
HDD-※
OSWindows 11 Home 64bit
価格279,800円
G-Tune DG-I7G7S - マウスコンピューター

G-Tune DG-I7G7S」はIntel Core i7-14700FとNVIDIA GeForce RTX 4070 SUPERを搭載するゲーミングPCです。価格が279,800円。フルHDで144FPSがとても安定し、WQHDでも設定を落とせば144FPSで安定します。ヘビー級のゲームはフルHDであればとても快適でWQHDでは設定を落とすことで快適に遊べる性能を持ち合わせます。SSDはM.2 NVMeで1TBと多くの用途に応えるものになっています。

はじめてのゲーミングPCにおすすめなエントリーモデル

CPUAMD Ryzen 7 7700
メモリDDR5-4800 16GB(8GBx2)
グラボNVIDIA GeForce RTX 4060 Ti(8GB)
SSD1TB
HDD-
OSWindows 11 Home 64bit
価格189,800円
NEXTGEAR JG-A7G6T - マウスコンピューター

NEXTGEAR JG-A7G6T」はAMD Ryzen 7 7700とNVIDIA GeForce RTX 4060 Tiを搭載するゲーミングPCです。このモデルはRTX 4060を搭載する「NEXTGEAR JG-A7G60」の上位モデルに当たります。価格は189,800円。実際の性能はフルHDで144FPSがとても安定し、WQHDで144FPSも設定を落とすことで実現できます。サイバーパンク級のヘビーゲームは設定を落とす必要がありますが、概ね快適に遊ぶことができます。1万円のコスト増でより強力なグラフィック性能を手に入れられる点が魅力です。SSDはM.2 NVMeで1TBと多くの用途に応えるものになっています。ケースはミニタワー型と拡張性には乏しいもののコンパクトで場所を取らないのが魅力的です。

4Kや配信も快適なヘビー層向けおすすめゲーミングPC

CPUIntel Core i9-14900KF
メモリDDR5-4400 64GB(32GBx2)
グラボNVIDIA GeForce RTX 4090(24GB)
SSD2TB
HDD-※
OSWindows 11 Home 64bit
価格639,800円
G-Tune FZ-I9G90 - マウスコンピューター

G-Tune FZ-I9G90」はIntelの14世代CPU、Intel Core i9-14900KFとNVIDIA GeForce RTX 4090を搭載する2024年時点で最も性能の高いゲーミングPCの一つと言えます。価格は639,800円。フルHDで240FPSはもちろん、4Kでもかなり余裕を持って快適に遊ぶことができます。SSDはM.2 NVMe Gen4で2TBとヘビーな用途にも十分応えられるものになっています。ケースはフルタワーと大きく後の拡張性やメンテナンス性にも優れています。

目次に戻る

予算でおすすめのゲーミングPCを選ぶ

15万円以下でおすすめのゲーミングPC

予算15万円のゲーミングPCの場合フルHDで60FPSはとても快適に遊ぶことができます。ゲーミングモニターを利用する場合144FPSを目指したいですが、15万円台のゲーミングPCでは設定を落としてやっと実現可能かどうかという際どいところです。サイバーパンク2077のようなとても重いゲームではフルHDで60FPSも不安が残ります。

ここで紹介するものだけでなく予算15万円以下で買えるおすすめのゲーミングPCをまとめているのでこの中からゲーミングPCを選ぶ方は参考にしてみてください。

NEXTGEAR JG-A5G60

CPUAMD Ryzen 5 4500
メモリDDR4-3200 16GB(8GBx2)
グラボNVIDIA GeForce RTX 4060(8GB)
SSD1TB
HDD-
OSWindows 11 Home 64bit
価格129,800円
NEXTGEAR JG-A5G60 - マウスコンピューター

NEXTGEAR JG-A5G60」はAMD Ryzen 5 4500とNVIDIA GeForce RTX 4060を搭載するゲーミングPCです。価格は129,800円とゲーミングPCの中ではかなりやすいにも関わらずNVIDIA GeForce RTX 4060を搭載している点がこのモデルの最大の魅力です。SSDもM.2 NVMeで1TBと多くの用途に応えるものになっています。オプションで内蔵HDDを追加できない点はネックですが、外付けHDDを使うことである程度容量不足を補うことはできるでしょう。ケースはミニタワー型と拡張性には乏しいもののコンパクトで場所を取らないのが魅力的です。

20万円以下でおすすめのゲーミングPC

予算20万円のゲーミングPCの場合フルHDで60FPSはとても快適に遊ぶことができ、設定を最適化することで144FPSも目指せる性能を持っています。サイバーパンク2077のようなとても重いゲームでもフルHDで60FPSは十分目指せる性能です。

ここで紹介するものだけでなく予算20万円以下で買えるおすすめのゲーミングPCをまとめているのでこの中からゲーミングPCを選ぶ方は参考にしてみてください。

NEXTGEAR JG-A7G6T

CPUAMD Ryzen 7 7700
メモリDDR5-4800 16GB(8GBx2)
グラボNVIDIA GeForce RTX 4060 Ti(8GB)
SSD1TB
HDD-
OSWindows 11 Home 64bit
価格189,800円
NEXTGEAR JG-A7G6T - マウスコンピューター

NEXTGEAR JG-A7G6T」はAMD Ryzen 7 7700とNVIDIA GeForce RTX 4060 Tiを搭載するゲーミングPCです。このモデルはRTX 4060を搭載する「NEXTGEAR JG-A7G60」の上位モデルに当たります。価格は189,800円。実際の性能はフルHDで144FPSがとても安定し、WQHDで144FPSも設定を落とすことで実現できます。サイバーパンク級のヘビーゲームは設定を落とす必要がありますが、概ね快適に遊ぶことができます。1万円のコスト増でより強力なグラフィック性能を手に入れられる点が魅力です。SSDはM.2 NVMeで1TBと多くの用途に応えるものになっています。ケースはミニタワー型と拡張性には乏しいもののコンパクトで場所を取らないのが魅力的です。

25万円以下でおすすめのゲーミングPC

予算25万円のゲーミングPCの場合多くのゲームがフルHDで60FPSでとても快適に遊ぶことができ、設定を最適化することで144FPSも十分目指せる性能を持っています。サイバーパンク2077のようなとても重いゲームでもフルHDで60FPSは十分目指せる性能です。

一見20万円のものと変わらないじゃないかと思いますよね。これはこの価格帯だと搭載できるグラフィックボードがほぼ変わらないためです。ですが、CPUが高性能のものになっておりゲームだけでなくあらゆる動作がより快適になっています。

ここで紹介するものだけでなく予算25万円以下で買えるおすすめのゲーミングPCをまとめているのでこの中からゲーミングPCを選ぶ方は参考にしてみてください。

NEXTGEAR JG-A7G7S

CPUAMD Ryzen 7 5700X
メモリDDR4-3200 16GB(8GBx2)
グラボNVIDIA GeForce RTX 4070 SUPER(12GB)
SSD1TB
HDD-
OSWindows 11 Home 64bit
価格229,900円
NEXTGEAR JG-A7G7S - マウスコンピューター

NEXTGEAR JG-A7G7S」はAMD Ryzen 7 5700XとNVIDIA GeForce RTX 4070 SUPERを搭載するゲーミングPCです。価格は229,900円。性能はフルHDで144FPSがとても安定し、設定を落とすことで240FPSも安定します。サイバーパンク級のヘビーゲームでもWQHDまでは快適に遊ぶことができます。SSDはM.2 NVMeで1TBと多くの用途に応えるものになっています。ケースはミニタワー型と拡張性には乏しいもののコンパクトで場所を取らないのが魅力的です。

30万円以下でおすすめのゲーミングPC

予算30万円のゲーミングPCの場合多くのゲームがフルHDで144FPSで快適に遊ぶことができます。4Kでの快適ゲームプレイには性能が足りませんが、WQHDであれば比較的快適に遊べる性能を持っています。サイバーパンク2077のようなとても重いゲームでもWQHDで快適に遊べる性能です。

ここで紹介するものだけでなく予算30万円以下で買えるおすすめのゲーミングPCをまとめているのでこの中からゲーミングPCを選ぶ方は参考にしてみてください。

G-Tune DG-I7G7S

CPUIntel Core i7-14700F
メモリDDR5-4800 32GB(16GBx2)
グラボNVIDIA GeForce RTX 4070 SUPER(12GB)
SSD1TB(M.2 NVMe Gen4)
HDD-※
OSWindows 11 Home 64bit
価格279,800円
G-Tune DG-I7G7S - マウスコンピューター

G-Tune DG-I7G7S」はIntel Core i7-14700FとNVIDIA GeForce RTX 4070 SUPERを搭載するゲーミングPCです。価格が279,800円。フルHDで144FPSがとても安定し、WQHDでも設定を落とせば144FPSで安定します。ヘビー級のゲームはフルHDであればとても快適でWQHDでは設定を落とすことで快適に遊べる性能を持ち合わせます。SSDはM.2 NVMeで1TBと多くの用途に応えるものになっています。

35万円以下でおすすめのゲーミングPC

予算35万円のゲーミングPCの場合多くのゲームがフルHDで144FPSで快適に遊ぶことができ、設定を落とせば240FPSでも快適に遊べます。ヘビー級のゲームでもWQHDなら快適に遊べる性能を持っています。4K解像度での快適性にはやや性能が不足していますが、多くの用途に応えられる価格帯です。

ここで紹介するものだけでなく予算35万円以下で買えるおすすめのゲーミングPCをまとめているのでこの中からゲーミングPCを選ぶ方は参考にしてみてください。

G-GEAR GE7A-K242/XBH

CPUAMD Ryzen 7 7700
メモリDDR5-4800 32GB(16GBx2)
グラボNVIDIA GeForce RTX 4070 Ti(16GB)
SSD1TB
HDD-※
OSWindows 11 Home 64bit
価格349,800円
G-GEAR GE7A-K242/XBH - ツクモ

G-GEAR GE7A-K242/XBH」はAMD Ryzen 7 7700とNVIDIA GeForce RTX 4070 Tiを搭載するゲーミングPCです。価格は349,800円。フルHDで144FPSはもちろんWQHDでも144FPSがとても安定します。タイトルによっては4Kも60FPSで安定させられます。ヘビー級のゲームはWQHDまでとても快適に遊べる性能を持ちます。4K60FPSには性能不足です。SSDはM.2 NVMeで1TBと多くの用途に応えるものになっています。

【予算度外視】2023年最強のおすすめゲーミングPC

現時点で購入できる最強レベルのゲーミングPCの場合、Apex Legendsなら4K解像度でも当たり前のようにとても快適に遊べます。WQHDで144FPSも楽勝で、フルHDで240FPSも楽々安定します。Apex LegendsをフルHDで360FPS安定させるのは今の時点では厳しいようです。

ここで紹介するものだけでなく今購入することができる最強レベルのおすすめのゲーミングPCをまとめているのでこの中からゲーミングPCを選ぶ方は参考にしてみてください。

G-Tune FZ-I9G90

CPUIntel Core i9-14900KF
メモリDDR5-4400 64GB(32GBx2)
グラボNVIDIA GeForce RTX 4090(24GB)
SSD2TB
HDD-※
OSWindows 11 Home 64bit
価格639,800円
G-Tune FZ-I9G90 - マウスコンピューター

G-Tune FZ-I9G90」はIntelの14世代CPU、Intel Core i9-14900KFとNVIDIA GeForce RTX 4090を搭載する2024年時点で最も性能の高いゲーミングPCの一つと言えます。価格は639,800円。フルHDで240FPSはもちろん、4Kでもかなり余裕を持って快適に遊ぶことができます。SSDはM.2 NVMe Gen4で2TBとヘビーな用途にも十分応えられるものになっています。ケースはフルタワーと大きく後の拡張性やメンテナンス性にも優れています。

目次に戻る

グラフィックボードでおすすめのゲーミングPCを選ぶ

NVIDIA GeForce RTX 4090搭載のおすすめゲーミングPC

NVIDIA GeForce RTX 4090を搭載するゲーミングPCの場合ほぼすべてのゲームが4Kでとても快適に遊ぶことができます。FPSゲームもフルHDで240FPSやWQHDで144FPSがとても快適に遊べる性能を持っています。

ここで紹介するものだけでなくNVIDIA GeForce RTX 4090搭載のおすすめゲーミングPCをまとめているのでこの中からゲーミングPCを選ぶ方は参考にしてみてください。

G-Tune FZ-I9G90

CPUIntel Core i9-14900KF
メモリDDR5-4400 64GB(32GBx2)
グラボNVIDIA GeForce RTX 4090(24GB)
SSD2TB
HDD-※
OSWindows 11 Home 64bit
価格639,800円
G-Tune FZ-I9G90 - マウスコンピューター

G-Tune FZ-I9G90」はIntelの14世代CPU、Intel Core i9-14900KFとNVIDIA GeForce RTX 4090を搭載する2024年時点で最も性能の高いゲーミングPCの一つと言えます。価格は639,800円。フルHDで240FPSはもちろん、4Kでもかなり余裕を持って快適に遊ぶことができます。SSDはM.2 NVMe Gen4で2TBとヘビーな用途にも十分応えられるものになっています。ケースはフルタワーと大きく後の拡張性やメンテナンス性にも優れています。

NVIDIA GeForce RTX 4080 SUPER搭載のおすすめゲーミングPC

NVIDIA GeForce RTX 4080 SUPERを搭載するゲーミングPCはほぼすべてのゲームが4Kでも快適に遊ぶことができます。とても重たいサイバーパンク2077のようなゲームでもストレスなく快適に遊べます。

ここで紹介するものだけでなくNVIDIA GeForce RTX 4080 SUPER搭載のおすすめゲーミングPCをまとめているのでこの中からゲーミングPCを選ぶ方は参考にしてみてください。

G-GEAR GE9J-M242/ZBH

CPUIntel Core i9-14900K
メモリDDR5-4800 32GB(16GBx2)
グラボNVIDIA GeForce RTX 4080 SUPER(16GB)
SSD1TB
HDD-※
OSWindows 11 Home 64bit
価格449,800円
G-GEAR GE9J-M242/ZBH - ツクモ

G-GEAR GE9J-M242/ZBH」はIntel Core i9-14900KとNVIDIA GeForce RTX 4080 SUPERを搭載するゲーミングPCです。価格は449,800円。フルHDで240FPSがとても安定します。4Kの場合でも60FPSで安定させられます。ヘビー級のゲームもこの水準から4K60FPSで安定させられます。SSDはM.2 NVMeで1TBと多くの用途に応えるものになっています。

NVIDIA GeForce RTX 4080搭載のおすすめゲーミングPC

NVIDIA GeForce RTX 4080を搭載するゲーミングPCはApex Legendsであれば4Kで144FPSは難しいですがそれ以外の条件であればとても快適に遊ぶことができます。とても重たいサイバーパンク2077のようなゲームでもストレスなく快適に遊べます。

ここで紹介するものだけでなくNVIDIA GeForce RTX 4080搭載のおすすめゲーミングPCをまとめているのでこの中からゲーミングPCを選ぶ方は参考にしてみてください。

G-GEAR neo GX7J-R241/ZB

NVIDIA GeForce RTX 4070 Ti SUPER搭載のおすすめゲーミングPC

NVIDIA GeForce RTX 4070 Ti SUPERを搭載するゲーミングPCはApex LegendsであればフルHDで240FPSがとても快適に遊ぶことができ、WQHDや4Kでも快適に遊べる性能を持っています。とても重たいサイバーパンク2077のようなゲームでもストレスなく快適に遊べます。

ここで紹介するものだけでなくNVIDIA GeForce RTX 4070 Ti SUPER搭載のおすすめゲーミングPCをまとめているのでこの中からゲーミングPCを選ぶ方は参考にしてみてください。

NEXTGEAR JG-A7G7A

CPUAMD Ryzen 7 7700
メモリDDR5-4800 16GB(8GBx2)
グラボNVIDIA GeForce RTX 4070 Ti SUPER(16GB)
SSD1TB
HDD-
OSWindows 11 Home 64bit
価格299,800円
NEXTGEAR JG-A7G7A - マウスコンピューター

NEXTGEAR JG-A7G7A」はAMD Ryzen 7 7700とNVIDIA GeForce RTX 4070 Ti SUPERを搭載するゲーミングPCです。価格は299,800円。性能はフルHDで240FPSがとても安定します。サイバーパンク2077のような負荷の大きいゲームでもWQHDまでは快適に遊ぶことができます。SSDはM.2 NVMeで1TBと多くの用途に応えるものになっています。ケースはミニタワー型と拡張性には乏しいもののコンパクトで場所を取らないのが魅力的です。

NVIDIA GeForce RTX 4070 Ti搭載のおすすめゲーミングPC

NVIDIA GeForce RTX 4070 Tiを搭載するゲーミングPCはApex LegendsであればフルHDで240FPSがとても快適に遊ぶことができ、WQHDや4Kでも快適に遊べる性能を持っています。とても重たいサイバーパンク2077のようなゲームでもストレスなく快適に遊べます。

NVIDIA GeForce RTX 4070 Ti搭載のおすすめゲーミングPCをまとめているのでこの中からゲーミングPCを選ぶ方は参考にしてみてください。

2024年5月追記:RTX 4070 Tiを搭載するゲーミングPCは現在市場にないようです。代わりに後から発売されたRTX 4070 Ti SUPER搭載のものや一つ性能が落ちますがRTX 4070 SUPERのものがおすすめです。

NVIDIA GeForce RTX 4070 SUPER搭載のおすすめゲーミングPC

NVIDIA GeForce RTX 4070 SUPERを搭載するゲーミングPCはApex LegendsであればフルHDで144FPSがとても快適に遊べる性能を持っています。負荷の大きいサイバーパンク2077のようなゲームでもWQHDまでならとても快適です。

ここで紹介するものだけでなくNVIDIA GeForce RTX 4070搭載のおすすめゲーミングPCをまとめているのでこの中からゲーミングPCを選ぶ方は参考にしてみてください。

G-Tune DG-I7G7S

CPUIntel Core i7-14700F
メモリDDR5-4800 32GB(16GBx2)
グラボNVIDIA GeForce RTX 4070 SUPER(12GB)
SSD1TB(M.2 NVMe Gen4)
HDD-※
OSWindows 11 Home 64bit
価格279,800円
G-Tune DG-I7G7S - マウスコンピューター

G-Tune DG-I7G7S」はIntel Core i7-14700FとNVIDIA GeForce RTX 4070 SUPERを搭載するゲーミングPCです。価格が279,800円。フルHDで144FPSがとても安定し、WQHDでも設定を落とせば144FPSで安定します。ヘビー級のゲームはフルHDであればとても快適でWQHDでは設定を落とすことで快適に遊べる性能を持ち合わせます。SSDはM.2 NVMeで1TBと多くの用途に応えるものになっています。

NVIDIA GeForce RTX 4070搭載のおすすめゲーミングPC

NVIDIA GeForce RTX 4070を搭載するゲーミングPCはApex LegendsであればフルHDで144FPSがとても快適に遊ぶことができ、設定を落とせば240FPSでも安定する性能を持っています。とても重たいサイバーパンク2077のようなゲームでもWQHDまでならとても快適です。

2024年5月追記:RTX 4070を搭載するゲーミングPCは現在市場にないようです。代わりに後から発売されたRTX 4070 SUPER搭載のものや一つ性能が落ちますがRTX 4060 Tiのものがおすすめです。

NVIDIA GeForce RTX 4070搭載のおすすめゲーミングPCをまとめているのでこの中からゲーミングPCを選ぶ方は参考にしてみてください。

NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti搭載のおすすめゲーミングPC

ここで紹介するものだけでなくNVIDIA GeForce RTX 4060 Ti搭載のおすすめゲーミングPCをまとめているのでこの中からゲーミングPCを選ぶ方は参考にしてみてください。

NEXTGEAR JG-A7G6T

CPUAMD Ryzen 7 7700
メモリDDR5-4800 16GB(8GBx2)
グラボNVIDIA GeForce RTX 4060 Ti(8GB)
SSD1TB
HDD-
OSWindows 11 Home 64bit
価格189,800円
NEXTGEAR JG-A7G6T - マウスコンピューター

NEXTGEAR JG-A7G6T」はAMD Ryzen 7 7700とNVIDIA GeForce RTX 4060 Tiを搭載するゲーミングPCです。このモデルはRTX 4060を搭載する「NEXTGEAR JG-A7G60」の上位モデルに当たります。価格は189,800円。実際の性能はフルHDで144FPSがとても安定し、WQHDで144FPSも設定を落とすことで実現できます。サイバーパンク級のヘビーゲームは設定を落とす必要がありますが、概ね快適に遊ぶことができます。1万円のコスト増でより強力なグラフィック性能を手に入れられる点が魅力です。SSDはM.2 NVMeで1TBと多くの用途に応えるものになっています。ケースはミニタワー型と拡張性には乏しいもののコンパクトで場所を取らないのが魅力的です。

NVIDIA GeForce RTX 4060搭載のおすすめゲーミングPC

NVIDIA GeForce RTX 4060 Tiを搭載するゲーミングPCはApex LegendsであればフルHDで144FPSがとても快適に遊べる性能を持っています。240FPSは設定を落としても厳しいです。とても重たいサイバーパンク2077のようなゲームでもフルHDなら144FPSで安定します。

ここで紹介するものだけでなくNVIDIA GeForce RTX 4060搭載のおすすめゲーミングPCをまとめているのでこの中からゲーミングPCを選ぶ方は参考にしてみてください。

NEXTGEAR JG-A7G60

CPUAMD Ryzen 7 5700X
メモリDDR4-3200 16GB(8GBx2)
グラボNVIDIA GeForce RTX 4060(8GB)
SSD1TB
HDD-※
OSWindows 11 Home 64bit
価格149,800円
NEXTGEAR JG-A7G60 - マウスコンピューター

NEXTGEAR JG-A7G60」はAMD Ryzen 7 5700XとNVIDIA GeForce RTX 4060を搭載する、ゲーミングPCがはじめての方にもおすすめできるエントリー向けのPCです。価格は159,800円とゲーミングPCの中ではかなり安くなっているにも関わらずフルHD解像度で多くのゲームが快適に遊べます。SSDもM.2 NVMeで1TBと多くの用途に応えるものになっています。ケースはミニタワー型と拡張性には乏しいもののコンパクトで場所を取らないのが魅力的です。

目次に戻る

初心者向けゲーミングPCを選ぶときの注意点

はじめてゲーミングPCを買われる方に読んでいただきたい注意点が4つあります。

10万円以下で快適に遊ぶのは難しい

ゲーミングPCを買うのであれば当然遊びたいゲームがあると思います。要求性能の高いものもあれば低いゲームもあるので一概には言えませんが、ゲームを快適に遊べるかどうかは購入するPCの性能に依存します。

要求性能の低いものであれば10万円以下のPCでも快適に遊ぶことが叶うかもしれませんが、Apex Legendsやフォートナイトといった人気ゲームを10万円以下のPCで快適に遊ぶのは2024年時点でかなり厳しいです。

2024年に入り10万~15万円あたりで快適に遊べるものがかなり増えましたが、それ以下の予算になると今の時点では厳しいです。

技術は日進月歩。少しずつ快適に遊べるレベルは下がってきているもののゲーム側の要求スペックも高くなってきているため、誰でも快適に遊べるわけではなく、一定程度の初期投資が必要です。その一つの目安としてゲーミングPCは最低でも10万円以上の予算は用意してください。

高価格=高性能は誤り

ゲーミングPCは高性能になればそれだけ価格も上がるのですが、そもそもPCのパーツにはゲーム向けのものとそうでないものがあります。

ゲーミングPCというカテゴリの中に限って言えば高価格であれば高性能であると言えそうですが、PCという大きなくくりで見ると高価格でもゲーム向けに設計されていないためいざゲームを遊ぶと全く快適ではないというトラブルがあります。

予算に余裕がある方に特に注意していただきたいのですが、高価格のものでもゲームを快適に遊ぶための設計になっていない製品が多くあるので選ぼうとしている製品が用途にあっているのかどうかには気をつけてください。ゲーミングPCというカテゴリの中で探すのであれば意識しなくても問題ありません。

高性能は正義だが無駄もある

ゲーミングPCは高性能のものであればそれだけ遊びの幅を広げられます。4K解像度で144FPSのような誰もが憧れる性能を持つPCもあります。しかし、そういう環境で遊ぶ気がないのに高性能のものを購入してしまうのは大きな無駄です。

ゲーミングPCを買うときの動機は人によりますが、できれば性能を最大限引き出せるものを選んでほしいです。

普通にかくれんぼをするのに東京ドームは必要ありませんし、日常生活にスーパーカーも必要ないでしょう。「いいや、自分は東京ドームでかくれんぼをするんだ!」そういう心意気であればそれに対応できるものを選びましょう。

とは言え、ゲーミングPCは大は小を兼ね、高性能がゆえに困ることはほぼ無いので、そんな些末なこと気にしないよという方は今時点で最強のスペックを持つゲーミングPCをぜひ手に入れられてください。

【ゲーム実況】録画や配信をするなら性能に余裕をもたせよう

ゲーム実況が人気になりYouTubeで動画投稿や生配信に挑戦してみたい方も多いと思います。

上級者になればPCを2台用意して負荷を分散して快適な録画・配信環境を整える方もいますが、1つのPCでゲームをプレイし録画も行う方法が一般的です。

1つのPCでゲームと録画を行う場合、ゲームを快適に遊ぶだけの性能を持っていても裏で録画ソフトを実行しているとゲームが快適にならなかったり、録画した動画がカクついたりすることがあります。そのため、ゲーム実況や生配信に取り組みたい方はゲームを快適に遊べる性能だけでなく、ゲームを遊びながら録画ソフトを動かしても快適な性能を持つゲーミングPCが必要になります。

おわりに

初心者の方向けにゲーミングPCの選び方やおすすめの製品を紹介しました。

エントリーモデルであっても10万円以上する高い買い物なので何を買えば良いか、自分が買おうとしている製品で良いのか不安だろうなと当時の自分を思い出しました。

はじめてのゲーミングPCでどれを選べばよいか迷っている方の不安を少しでも和らげるものになっていれば幸いです。

目次に戻る



クスノキ

クスノキ

調べても難しく書いてあることが多い自作PCに関する情報をわかりやすく、それでいて網羅度の高いコンテンツ作成を目指しています。レビューもおすすめです。

関連記事