予算35万円以下で買えるおすすめゲーミングPC

こんばんは、クスノキです。

今回は予算35万円以下で2024年6月におすすめできるゲーミングPCと予算ごとのゲーミングPCはどれくらい快適かという目安についても紹介します。

予算35万円以下のゲーミングPCはどれくらい快適か

ゲームの快適性はそのゲームが求めるPCスペックに依存するので一概にこのPCだったら快適だということはできませんが、ここではApex Legends基準で考えてみましょう。

予算35万円前後のゲーミングPCの場合多くのゲームがフルHDで144FPSでとても快適に遊ぶことができる性能を持っています。サイバーパンク2077のようなとても重たいゲームでもWQHDで60FPSを余裕を持って実現できます。

どれくらいのお金をかければ求める快適度が実現できるのかがある程度わかる目安表を作りました。

前提としてCPUとグラフィックボード、特にグラフィックボードに優先的に予算をかけてあるPCでの目安になります。CPUとグラフィックボードのバランスが取れていないものやオプションによる拡張を行う場合はこの目安表には当てはまらないので注意しましょう。

2023年版】予算別ゲーミングPCの快適度目安表(Apex Legends基準):

~60万~50万~40万~30万~20万~10万
4K/60FPSとても快適とても快適とても快適快適快適厳しい
WQHD/144FPSとても快適とても快適快適快適厳しい厳しい
WQHD/60FPSとても快適とても快適とても快適とても快適とても快適快適
フルHD/240FPSとても快適とても快適快適厳しい厳しい厳しい
フルHD/144FPSとても快適とても快適とても快適とても快適とても快適厳しい
フルHD/60FPSとても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適
とても快適:最高設定でも余裕がある
快適:設定を落とすことで実現可能
厳しい:その価格帯での実現は難しい
FPSとは:

フレームレートの略。1秒間に何枚の絵を描画できるかを示す単位。アクションゲームでは60FPS、FPSゲームでは144FPSあることが望ましい。プロゲーマーを目指す場合240FPSや360FPS出せるようなPCが望ましいとされる。ただし、PCが144FPS出せてもモニターが144Hzに対応していなければならないため、PCとモニターどちらも大事である。

予算35万円で買えるおすすめゲーミングPC

予算35万円以下で購入できるゲーミングPCの中で特におすすめのものを紹介します。順番はおすすめ順ではなく、価格順です。上の方が価格が安いためCPUの性能が控えめ。CPUの性能も重視する方は下の方の製品が特におすすめです。

G-GEAR GE7A-K242/XBH

CPUAMD Ryzen 7 7700
メモリDDR5-4800 32GB(16GBx2)
グラボNVIDIA GeForce RTX 4070 Ti(16GB)
SSD1TB
HDD-※
OSWindows 11 Home 64bit
価格349,800円
G-GEAR GE7A-K242/XBH - ツクモ

G-GEAR GE7A-K242/XBH」はAMD Ryzen 7 7700とNVIDIA GeForce RTX 4070 Tiを搭載するゲーミングPCです。価格は349,800円。フルHDで144FPSはもちろんWQHDでも144FPSがとても安定します。タイトルによっては4Kも60FPSで安定させられます。ヘビー級のゲームはWQHDまでとても快適に遊べる性能を持ちます。4K60FPSには性能不足です。SSDはM.2 NVMeで1TBと多くの用途に応えるものになっています。

おわりに

予算35万円以下で購入できるおすすめのゲーミングPCを紹介しました。

35万円以下で購入するゲーミングPCはあらゆる用途を満たす性能とは言えませんが、用途によっては十分な性能を発揮することができます。特にゲーミングPCをはじめて買おうと考えている方には性能的にも値段的にも丁度良い部分だろうと思います。PC購入の参考になれば幸いです。



クスノキ

クスノキ

調べても難しく書いてあることが多い自作PCに関する情報をわかりやすく、それでいて網羅度の高いコンテンツ作成を目指しています。レビューもおすすめです。

関連記事