ゲーミングPCとクリエイターPCの違い

こんばんは、クスノキです。BTOで新しいPCを購入するときに各BTOメーカーは「ゲーミングPC」や「クリエイターPC」というカテゴリをそれぞれ作って販売しています。

ユーザーは用途に合わせてゲーミングPCやクリエイターPCなどを選びわけるのですが、具体的に何が違うのかわからないという方も多いでしょう。

今回はゲーミングPCとクリエイターPCに絞って、この2つのPCにはどんな違いがあるのか解説します。

2024年4月におすすめのゲーミングPC

製品名NEXTGEAR JG-A7G6TG-Tune DG-I7G7S
G-Tune FZ-I9G90
CPURyzen 7 7700i7-14700Fi9-14900KF
GPURTX 4060 TiRTX 4070 SUPERRTX 4090
性能目安✕4K/60FPS
△WQHD/60FPS
◯フルHD/144FPS
◯フルHD/60FPS
✕4K/60FPS
◯WQHD/60FPS
△フルHD/144FPS
◯フルHD/60FPS
◯4K/60FPS
◯WQHD/60FPS
◯フルHD/144FPS
価格¥189,800¥279,800¥639,800
公式ページ詳細を見る  詳細を見る 詳細を見る
※性能目安は負荷の重いサイバーパンク2077を基準とするもの
◯:設定を落とさず実現可能
△:設定を落とすことで実現可能
✕:実現不可

ゲーミングPCとクリエイターPCの実際の製品の違い

後で各パーツの違いについてまとめますが、まずは実際に販売されているゲーミングPCとクリエイターPCの同価格帯のものを比較してみます。

違いがあまりない例

G-Tune FZ-I7G7TDAIV FX-I7G7T
CPUi7-14700KFi7-14700KF
CPUクーラー水冷 360mm水冷 240mm
メモリ32GB32GB
GPURTX 4070 TiRTX 4070 Ti
SSD1TB2TB
電源750W(80PLUS BRONZE)750W(80PLUS BRONZE)
その他光学ドライブあり
USB2.0 x 4
USB3.0 x 6
USB3.2 x 1
拡張ストレージベイ:
2.5 x 2
3.5 x 1
光学ドライブなし
USB2.0 x 2
USB3.0 x 7
USB3.2 x 1
拡張ストレージベイ:
3.5 x 2
価格349,800円389,800円

マウスコンピューターで販売されているCPUとグラフィックボードが共通のものの腫瘍スペックです。ゲーミングPCの「G-Tune FZ-I7G7T」の方が安いにも関わらずより大きなCPUクーラーを搭載しています。

反面、クリエイターPCの「DAIV FX-I7G7T」はSSD容量が2TBと大きく、拡張性にも優れていることがわかります。(SSDの容量はゲーミングPCの方を2TBにしてもまだ安いです)

こういった例であれば自分の用途により合致する方を選べば問題ありません。ゲーミングPCとしても使えますし、クリエイティブな用途にも応えられそうです。

違いがある例

続いて顕著に違いがある例です。

G-Tune FZ-I7G80DAIV FX-I7N45
CPUi7-14700KFi7-14700KF
CPUクーラー水冷 360mm水冷 240mm
メモリ32GB32GB
GPURTX 4080RTX A4500
SSD1TB1TB
電源1000W(80PLUS PLATINUM)750W(80PLUS BRONZE)
その他光学ドライブあり
USB2.0 x 4
USB3.0 x 6
USB3.2 x 1
拡張ストレージベイ:
2.5 x 2
3.5 x 1
光学ドライブなし
USB2.0 x 2
USB3.0 x 7
USB3.2 x 1
拡張ストレージベイ:
3.5 x 2
価格479,800円529,800円

今回の例で注目してほしいのはグラフィックボードです。

ゲーミングPCの「G-Tune FZ-I7G80」はゲーム性能に優れた「NVIDIA GeForce RTX 4080」を搭載していますが、クリエイターPCの「DAIV FX-I7N45」は「NVIDIA RTX A4500」を搭載しています。このグラフィックボードはクリエイティブ用途の処理を行うために設計されたグラフィックボードなので、ゲームでは快適に処理をこなすことができません。

クリエイターPCではCPUでも同じことが起こる場合があります。「Intel Xeon」や「Ryzen Threadripper」などが搭載されている場合はゲーミングPCとして使うには適さないので注意が必要です。

ゲーミングPCとクリエイターPCの各パーツの違い

ゲーミングPCもクリエイターPCも仕組みは同じです。マザーボードにCPUやグラフィックボード、SSDや電源ユニットなどの各パーツを組み合わせてPCは成り立っています。

ゲーミングPCやクリエイターPCとカテゴリ分けされているのはそれぞれのパーツの特徴や性能が異なるためです。

ゲーミングPCとクリエイターPCでは構成される主要なパーツにどんな違いがあるのでしょうか。

CPU

CPUはPCの性能を決定づける上で最も重要なパーツです。2024年の最新PCには「Intel Core i7-14700K」や「Intel Core i5-14600K」のようなCPUが使用されています。これらは一般用途向けのハイエンドCPUです。ゲーミングPCにもよく使用されます。

基本的にゲーミングPCもクリエイターPCも同じですが、CPUにはよりクリエイティブな要素に特化させたものがあります。Intelであればワークステーション用の「Intel Xeon」シリーズ。AMDのRyzenでは「Ryzen Threadripper」や「AMD EPYC」など。

ゲーミングPCと称されるものに「Intel Xeon」や「Ryzen Threadripper」が搭載されることはありませんが、高価格帯のクリエイターPCには搭載されることがあります。

CPUの価格は「Ryzen Threadripper」などの方が高く、ベンチマークスコアが示す性能も高いですが、ゲーム向けに作られたものではないため、これらのCPUをゲーム用途のPCに使用しても期待するような性能を発揮できません。

それらの混同を避けるために、具体的にはクリエイター向けCPUを搭載したものをゲーム用途として購入しないようにゲーミングPCとクリエイターPCをけているんだと理解しましょう。

ゲーミングPCでもクリエイターPCでも「Intel Core i7」を搭載していることはありますが、「Intel Xeon」や「Ryzen Threadripper」を搭載するのは基本クリエイターPCだけです。

クリエイター向けCPUをゲーム用途として全く使えないわけではありませんが、先にも書いた通りゲーム性能を意識して作られたものではないため、CPUの価格に対して求める性能がついてきません。

ゲーミングPCで使われる主要CPU
  • Intel
    • Intel Core i9
    • Intel Core i7
    • Intel Core i5
  • AMD
    • Ryzen 9
    • Ryzen 7
    • Ryzen 5
クリエイターPCで使われる主要CPU
  • Intel
    • Intel Xeon
    • Intel i7やi9の接尾辞にXがつくもの
    • Intel Core i9
    • Intel Core i7
    • Intel Core i5
  • AMD
    • AMD EPYC
    • Ryzen Threadripper
    • Ryzen 9
    • Ryzen 7
    • Ryzen 5

グラフィックボード

特にグラフィックボードはゲーミングPCとクリエイターPCで性能と目的が大きく異なるため、注意が必要です。

グラフィックボードもCPUと同じでクリエイティブ用途に特化したグラフィックボードを誤って購入しないように配慮されています。

2023年-2024年現在の主要なグラフィックボードには以下のような製品があります。

  • NVIDIA GeForce RTX 4090
  • NVIDIA GeForce RTX 4080
  • NVIDIA GeForce RTX 4070 Ti
  • NVIDIA GeForce RTX 4070
  • NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti
  • NVIDIA GeForce RTX 4060
  • NVIDIA GeForce GTX 16シリーズ

ゲーミングPCと呼ばれるものもクリエイターPCと呼ばれるものも上記の中から価格に応じて搭載されますが、高性能なクリエイターPCの場合はこの限りではなく以下のような専用グラフィックボードが搭載されることがあります。

  • NVIDIA RTX A4500
  • NVIDIA RTX A4000
  • NVIDIA RTX A2000
  • NVIDIA T1000
  • NVIDIA T400

これらの専用グラフィックボードは物理シミュレーションやAI、ディープラーニングやCAD、3D CGなどの業務用途に使用されます。

CPUと同じでこれらのグラフィックボードは業務用途を迅速に処理するために作られているのでゲーム時に性能を十分に発揮することができません。

クリエイターPCと銘打たれているものの中にはこれらの業務用グラフィックボードが搭載されているものがあるのでゲーム用途としても使いたい場合には注意が必要です。

メモリ

メモリは特別製品が異なるわけではありませんが、クリエイティブ用途のほうがメモリ容量をより必要とすることが多く、ゲーミングPCでは16GBや32GB、稀に64GB搭載されているものがありますが、クリエイターPCの場合は、上限の256GBまで搭載されているものもあります。

CPUやグラフィックボードのように用途によっては搭載してはいけない専用メモリがあるわけではありません。

ストレージ

ストレージもゲーミングPC専用のもの、クリエイターPC専用のものがあるわけではありません。同じものが搭載されますが、クリエイターPCの方が大容量SSDを搭載していることが多いです。

ゲーミングPCは標準構成だと1TBや2TBのM.2 NVMe Gen4 SSDが搭載されることが多いですが、クリエイターPCの場合だと確認した限り1枚のSSDで4TBのものを搭載しているものがありました。

これはクリエイティブ業務のほうがとにかくデータをたくさん扱うので大容量SSDであるほうが望ましいということです。

ゲーミングPCでもオプションで大容量SSDにしたりHDDや2枚目のSSDを搭載して大容量化することができます。

ストレージに違いはありません。

電源

電源ユニットもゲーミングPCだから、クリエイターPCだから特別違う点があるわけではありません。

電源ユニットは各パーツの消費電力を合計したものに1.5倍~2倍したものが推奨電源容量とする式があるので、ゲーミングPCもクリエイターPCもこの式に則って最適な電源容量を搭載する電源ユニットが搭載されます。

価格

価格はどのパーツで構成されているかによって異なります。ゲーミングPCもクリエイターPCもある程度の性能までは共通のパーツを搭載しているのであまり価格差はありません。

どちらも10万円前後から購入することができます。高性能なものになるとゲーミングPCの場合は2023年末で最大約60万円前後のものがあります。高いですよね。

クリエイターPCは驚きますよ。確認した限り約330万円のものがありました。しかも記事公開時点でセールスランキング2位でしたよ。

クリエイターPCはゲーミングPCとして使えるけど注意

ゲーミングPCだろうとクリエイターPCだろうと同じPCですから、仕組みは一緒です。各種パーツを組み合わせて性能が決定されます。その組み合わせによってゲーム向きなのかクリエイティブ業務向きなのかがわかれます。

ですからクリエイターPCとして販売されている製品でもゲーミングPCとして使うこともできそうです。

ただし。

クリエイターPCの中には、クリエイティブ用途のために作られた製品で構成されたものがあるため、これらの場合はゲーミングPCとして使うことは厳しいと考えましょう。

クリエイターPCとして販売されているけれど、「Intel Core i7-14700K」と「NVIDIA GeForce RTX 4070」搭載、のようなものであれば実質ゲーミングPCと同じですから、ゲームも快適に遊べます。

CPUとグラフィックボードがクリエイティブ用途に最適化された専用品でないか注意しましょう。業務でそれらの専用品が必要な人は別途ゲーミングPCを用意してください。

おわりに

ゲーミングPCとクリエイターPCの違い、及び購入時の注意点について解説しました。

2024年4月におすすめのゲーミングPC

製品名NEXTGEAR JG-A7G6TG-Tune DG-I7G7S
G-Tune FZ-I9G90
CPURyzen 7 7700i7-14700Fi9-14900KF
GPURTX 4060 TiRTX 4070 SUPERRTX 4090
性能目安✕4K/60FPS
△WQHD/60FPS
◯フルHD/144FPS
◯フルHD/60FPS
✕4K/60FPS
◯WQHD/60FPS
△フルHD/144FPS
◯フルHD/60FPS
◯4K/60FPS
◯WQHD/60FPS
◯フルHD/144FPS
価格¥189,800¥279,800¥639,800
公式ページ詳細を見る  詳細を見る 詳細を見る
※性能目安は負荷の重いサイバーパンク2077を基準とするもの
◯:設定を落とさず実現可能
△:設定を落とすことで実現可能
✕:実現不可



クスノキ

クスノキ

調べても難しく書いてあることが多い自作PCに関する情報をわかりやすく、それでいて網羅度の高いコンテンツ作成を目指しています。レビューもおすすめです。

カテゴリー:
関連記事