グラボの性能比較【2023最新】

こんばんは、クスノキです。グラフィックボードを選ぶときの参考になるように主要なベンチマークスコアと具体的にどのグラフィックボードが必要なのかがわかる性能比較表を作りました。

後半ではApex Legendsを基準にしたグラフィックボードの目安表を作ったので144FPS安定させるにはどれくらい必要なんだろうと気になっている方の疑問にも応えます。

2024年4月におすすめのゲーミングPC

製品名NEXTGEAR JG-A7G6TG-Tune DG-I7G7S
G-Tune FZ-I9G90
CPURyzen 7 7700i7-14700Fi9-14900KF
GPURTX 4060 TiRTX 4070 SUPERRTX 4090
性能目安✕4K/60FPS
△WQHD/60FPS
◯フルHD/144FPS
◯フルHD/60FPS
✕4K/60FPS
◯WQHD/60FPS
△フルHD/144FPS
◯フルHD/60FPS
◯4K/60FPS
◯WQHD/60FPS
◯フルHD/144FPS
価格¥189,800¥279,800¥639,800
公式ページ詳細を見る  詳細を見る 詳細を見る
※性能目安は負荷の重いサイバーパンク2077を基準とするもの
◯:設定を落とさず実現可能
△:設定を落とすことで実現可能
✕:実現不可

グラボ性能比較表(ベンチマークスコア)

グラフィックボードのベンチマークとして参考になる「3D Mark Timespy」のスコア表です。各ベンチマークのスコア目安も用意しているので合わせて参考にしてください。

3D Mark Time SpyテストはDirectX 12でのベンチマークテストとなっており、レンダリング解像度は2560×1440(WQHD)。これからゲーミングPCを購入する方にとって参考にしやすいベンチマークです。

ベンチマークスコアごとの見方と目安表を作ったのでこれを元に参考にしてください。

3D Mark Time Spyの見方・ゲーム時の目安 
20000~非常に快適2023年以降のハイエンドGPUで確認されるスコア帯。4K60FPSで余裕を持って安定する性能。
15000~19999非常に快適最強を目指したい方が追い求めるスコア帯。 フルHDやWQHDではほぼ全てのゲームが144FPS以上で非常に快適。4Kで安定するが一部ヘビー級では重いことも。
10000~14999とても快適高FPS維持や予算に余裕があるゲーマーにおすすめできるスコア・価格帯。 フルHDでは多くのゲームが144FPS以上で安定。WQHDでも多くのゲームが快適。
7000~9999快適これからPCを買う人は基準にしたいスコア・価格帯。 フルHDでほぼすべてのゲームが100FPS以上で非常に快適。軽めのゲームならWQHDでも快適。
4000~6999普通フルHDでほぼ全てのゲームが快適。負荷の重いゲームでは不満を感じることも。WQHDは厳しい。
2500~3999やや重たいフルHDである程度のゲームが快適。最近のゲームは負荷が重いこともあり性能に不満を感じる場面も多い。今からのPC購入であれば最低でも1ランク上の性能は欲しい。
1000~2499重たい2023年のゲーム環境ではフルHDでの満足行く動作には性能不足。
~999動作困難2023年環境では厳しい。
GPUスコア
NVIDIA GeForce RTX 409039,865
AMD Radeon RX 7900 XTX 34,122
NVIDIA GeForce RTX 408029,910
AMD Radeon RX 7900 XT28,621
AMD Radeon RX 6950 XT25,860
AMD Radeon RX 6900 XT25,485
NVIDIA GeForce RTX 4070 Ti25,157
NVIDIA GeForce RTX 3090 Ti24,453
NVIDIA GeForce RTX 309023,857
NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti23,114
AMD Radeon RX 6800 XT22,844
NVIDIA GeForce RTX 308020,455
NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti18,824
AMD Radeon RX 680018,498
NVIDIA GeForce RTX 407017,736
NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti17,185
NVIDIA GeForce RTX 307015,959
Intel Arc A77015,289
NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti15,163
AMD Radeon RX 6750 XT15,002
AMD Radeon RX 6700 XT14,871
Intel Arc A75014,021
NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti13,667
NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPER13,462
NVIDIA GeForce RTX 208013,119
AMD Radeon RX 6650 XT12,091
NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER12,064
NVIDIA GeForce RTX 406011,869
AMD Radeon RX 5700 XT11,755
AMD Radeon RX 6600 XT11,611
NVIDIA GeForce RTX 207010,971
NVIDIA GeForce RTX 306010,847
NVIDIA GeForce RTX 2060 SUPER10,471
AMD Radeon RX 570010,301
AMD Radeon RX 660010,117
AMD Radeon RX 5600 XT9,421
NVIDIA GeForce RTX 20609,324
NVIDIA GeForce RTX 30507,710
NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER7,439
AMD Radeon RX 6500 XT5,836
AMD Radeon RX 5500 XT5,831
Intel Arc A3805,073
AMD Radeon RX 64004,137
参考:3dmark.com

この中で現在容易に購入可能なのは「NVIDIA GeForce RTX 40シリーズ」、「AMD Radeon HD 7000シリーズ」、「Intel Arc A7/3」シリーズです。

性能的には「RTX 30」世代の方が高いものもありますが流通の都合上、2023年にゲーミングPCを買う場合は上記3世代のどれかから選ぶことになるでしょう。(中古除く)

具体的なグラボの性能比較・目安表(ゲーム基準)

ベンチマークスコアだけじゃなくて実際のゲームでどれくらい快適かわかるようにApex Legendsとサイバーパンク2077での快適度を表にしました。

今発売されているNVIDIAの「RTX 40」世代における性能目安は以下のとおりです。実際の性能はゲームが求める負荷に依存するので下記リストに当てはまらない作品もある点はご容赦ください。

FPSゲームにおけるグラフィックボード別快適度(Apex Legendsで想定):

RTX 4090RTX 4080 SUPERRTX 4080RTX 4070 Ti SUPERRTX 4070 TiRTX 4070 SUPERRTX 4070RTX 4060 TiRTX 4060GTX 1660 Super
4K/60FPSとても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適快適快適厳しい
WQHD/144FPSとても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適快適快適快適厳しい
WQHD/60FPSとても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適快適
フルHD/240FPSとても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適快適厳しい厳しい厳しい
フルHD/144FPSとても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適厳しい
フルHD/60FPSとても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適

アクションRPGにおけるグラフィックボード別快適度(とても重いサイバーパンク2077で想定):

RTX 4090RTX 4080 SUPERRTX 4080RTX 4070 Ti SUPERRTX 4070 TiRTX 4070 SUPERRTX 4070RTX 4060 TiRTX 4060GTX 1660 Super
4K/60FPSとても快適快適快適厳しい厳しい厳しい厳しい厳しい厳しい厳しい
WQHD/60FPSとても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適快適快適厳しい
フルHD/144FPSとても快適とても快適とても快適とても快適とても快適快適快適快適快適厳しい
フルHD/60FPSとても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適とても快適快適快適
とても快適:最高設定でも余裕がある
快適:設定を落とすことで実現可能
厳しい:その価格帯での実現は難しい

※ボトルネックが発生していない場合の目安

Apex Legends基準で選ぶグラボ

上の比較表を見てみるとApex Legendsは「GTX 1660 SUPER」でもフルHD・60FPSで快適に動作させることができます。フルHD・144FPSも標準的な「RTX 4060」で十分そうです。240FPSになるとハイエンド向けグラボでないと厳しくなり「RTX 4070 Ti」以上が望ましいですね。

WQHDや4KでApex Legendsを遊ぶ方もいると思いますが、WQHDで144FPS目指すなら「RTX 4080」以上が必須条件になります。

サイバーパンク2077で基準で選ぶグラボ

Apex Legendsの負荷はそれほど重くないことがわかりましたが、一転サイバーパンク2077は2023年時点でもトップクラスの重さを誇ります。このゲームが快適に動くならほぼすべてのゲームが快適と考えて良いでしょう。

比較表を見てみるとサイバーパンク2077はフルHD・60FPSで安定的に動作するのは「RTX 4060 Ti」からになります。WQHDで60FPS安定動作には「RTX 4070」が必要で、4K・60FPS安定させるには最高級の「RTX 4090」でやっと実現可能になります。

これらの目安表は動作を軽くするNVIDIA DLSSをオフにした素の状態での目安になるので、DLSSを有効にした状態ではいくらか見方が変わってきます。

グラボを選ぶときの注意点

これまで紹介してきた目安はゲームをプレイするときに裏で重い処理を行っていないときのものになります。

実際には裏で色々な処理を行うことでしょう。Discordで喋りながら遊ぶ程度であれば気にする必要はありませんが、ゲーム実況のための録画や配信をしながらゲームすることを想定している場合は余裕を持った性能にしておく必要があります。

上級者になればPCを2台用意して負荷を分散して快適な録画・配信環境を整える方もいますが、1つのPCでゲームをプレイし録画も行う方法が一般的なので、自分の用途は目安にピッタリのものではなく余裕をもたせたグラボの方が良いかどうか見極めるようにしましょう。

おわりに

グラフィックボードの比較・目安表を作りました。BTOでゲーミングPCを買う場合にせよ自作するにせよパーツ選びの際の基準は持っておきたいです。基準を知っておくとそのグラボで過不足ないか見極められるようになるので無駄な出費をせずに満足の行くPCを購入できます。

PC購入の際の参考になれば幸いです。



クスノキ

クスノキ

調べても難しく書いてあることが多い自作PCに関する情報をわかりやすく、それでいて網羅度の高いコンテンツ作成を目指しています。レビューもおすすめです。

カテゴリー:
関連記事