G-Tune FZ-I7G8S実機レビュー – i7-14700KF/RTX 4080 SUPER

こんばんは、クスノキです。

マウスコンピューターのゲーミングPC「G-Tune FZ-I7G8S」をレビューします。

レビューに使用した「G-Tune FZ-I7G8S」はマウスコンピューターよりお借りしたものです。
※記載内容は2024年7月のレビュー記事公開時点のものであり、製品の仕様及び販売価格は、変更される可能性があります。

「G-Tune FZ-I7G8S」:一問一答

Q:「G-Tune FZ-I7G8S」のCPUとグラボ何?

CPUIntel Core i7-14700KF
グラボNVIDIA GeForce RTX 4080 SUPER(GDDR6 16GB)

Q:「G-Tune FZ-I7G8S」は快適にゲームができる?

ほぼすべてのゲーム4Kでとても快適に動作し、競技系のタイトルではフルHD及びWQHDで240FPS以上で安定させることができます。フルHDは360FPS以上で安定するタイトルもあるのでプロゲーマーやそれに準ずる環境を構築したい方にもおすすめです。

2024年時点ではやや持て余すほどの高性能PCになるため、一つのPCを長い期間使うには良い選択と言えます。

Q:「G-Tune FZ-I7G8S」の値段は?

G-Tune FZ-I7G8S」はレビュー時点で499,800円で販売されています。マウスコンピューターでは36回まで金利0の分割払いに対応しています。

回数負担金額
一括¥499,800
12回¥41,650/月
24回¥20,825/月
36回¥13,883/月

「G-Tune FZ-I7G8S」のスペック(仕様)

CPUIntel Core i7-14700KF
CPUクーラー水冷クーラー 360mmラジエーター
メモリ(RAM)DDR5-5600 32GB(16GBx2)※
グラボNVIDIA GeForce RTX 4080 SUPER(GDDR6 16GB)
(Displayportx3, HDMIx1)
SSD2TB(NVMe M.2 Gen4x4) ※
HDD– ※
電源1000W(80PLUS PLATINUM) ※
マザーボードIntel Z790
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
無線LAN
 寸法
(幅x奥行きx高さ)
215 x 490 x 481 mm, 19kg
OSWindows 11 Home 64bit(DSP) ※
価格¥499,800[税込]~

「G-Tune FZ-I7G8S」の外観・デザイン

外観

G-Tune FZ-I7G8S」のPCケースの正面にはG-Tuneのロゴが刻印されており、電源ボタンは正面右上に位置しています。正面パネルは反射する仕様です。

底面には前後にインシュレーターが装着されています。インシュレーターはPCが動作することによって生じる微振動を抑制するための部品で、優れた静音性を実現します。後述しますがインシュレーターがあろうとなかろうとこのモデルは音が大きいです。実質的にPC本体を安定させるためのスタンドです。

底面にはホコリの侵入を防ぐためのダストフィルターが装着されています。フィルターはマグネットで本体にくっついているだけなので取り外しがかんたんです。

  • 前面:
    • USB 3.0 x 2
    • USB 2.0 x 2
    • マイク入力/モノラル x 1
    • ヘッドホン出力 x 1
    • DVDスロットイン
  • 背面:
    • USB 3.0 x 4
    • USB 2.0 x 2
    • USB-C x 1
    • LAN x 1
    • マイク入力 x 1
    • ラインイン x 1
    • ラインアウト x 1
    • リアスピーカー x 1
    • センターサブウーファー x 1
    • SPDIF x 1
  • 背面グラボ:
    • HDMI x 1
    • DisplayPort x 3

PC内部へのアクセス方法

G-Tune FZ-I7G8S」を掃除したり中のパーツを交換するときは本体左側面にある2つのビスを緩めることで内部にアクセスすることができます。

BTOメーカーによってはパーツを交換することで保証が受けられなくなりますが、保証期間が終了したあとであれば問題ありません。マウスコンピューターはパーツを購入時の状態に戻すことで保証期間内であれば再び保証が受けられます。詳しくは標準製品保証規定をご確認ください。

次のような場合及び事項については、保証期間内であっても保証の適用外とします。なお、保証適用外の事由によって生じた製品の修理に関しては、理由の如何にかかわらず有償となります。

  • (1) お客様又は第三者の故意、過失又は不適切な行為(分解・改造等)に起因して生じた故障又は損傷
  • (10) 増設部品の接触不良、設定の誤り、改造、弊社サポートスタッフの指示によらないBIOSアップデート、オーバークロック等の動作を行ったことによる故障又は損傷
  • (12) 製品の基幹構成部品(マザーボード、CPU、ケース、電源及びACアダプター等)が、工場出荷時もしくは販売店でのご購入時の構成と異なる場合
マウスコンピューター 標準製品保証規定

「G-Tune FZ-I7G8S」のゲーム性能

G-Tune FZ-I7G8S」は実際のゲームでどれくらい快適なのか検証します。各ゲームの快適度目安は「ストーリー重視」と「競技系」に分けます。

ストーリーやアクションを重視するゲームでの目標値(例:サイバーパンク2077等)

ストーリー系ゲームの目安 
100FPS~非常に快適
60~99FPSとても快適
30~59FPS重たい
~30FPS動作困難

FPSやMOBA等の競技性の高いゲームでの目標値(例:Apex LegendsやVALORANT等)

FPS系ゲームの目安 
240FPS~非常に快適
144~239FPSとても快適
100~143FPS快適
60~99FPS普通
~60FPS性能不足

サイバーパンク2077

ベンチマークモードで計測

ウルトラ
FHD平均162.5fps
WQHD平均139.9fps
4K平均67.1fps
ウルトラ:レイトレーシング
FHD平均93fps
WQHD平均60.3fps
4K平均29.3fps
ウルトラ:レイトレーシング(DLSS)
FHD平均117.7fps
WQHD平均115.2fps
4K平均82.3fps
クスノキ

クスノキ

サイバーパンク2077は「G-Tune FZ-I7G8S」の場合4Kウルトラでも快適そうですね。ウルトラ+レイトレ設定はいつ遊べるスペックのPCが登場するのだろうというレベルなので今はあまり参考になりませんね。RTX4080SUPER搭載なので快適です。

Starfield(スターフィールド)

スターフィールドにはベンチマークモードがないので惑星「ジェミソン」の都市「ニューアトランティス」で負荷テストをします。NPCの数が多くテストごとに多少の誤差がある点についてはご理解ください。
また、当ゲームは画質プリセットに高の更に上の「ウルトラ」がありますが負荷が高すぎるので検証には用いていません。

FHD平均114.5fps
WQHD平均118.9fps
4K平均97.0fps
クスノキ

クスノキ

スターフィールドは「G-Tune FZ-I7G8S」の場合4Kでも快適に遊べそうですね。i7-14700KFとRTX4080SPERレベルだとフルHDとWQHDはあまり負荷が変わらないようです。4Kでも平均97fpsなので余裕あります。

Forza MotorSport

ベンチマークモードで計測

ウルトラ
FHD平均151fps
WQHD平均136fps
4K平均103fps
ウルトラ(DLSS: オート)
FHD平均155fps
WQHD平均142fps
4K平均120fps
クスノキ

クスノキ

Forza MotorSportは「G-Tune FZ-I7G8S」の場合4Kでも60fps以上で推移するので快適に遊べますね。DLSSも必要なさそうです。

FF14:暁月のフィナーレ

ベンチマークモードで計測

最高品質
FHD平均226fps
WQHD平均189fps
4K平均103fps

【競技系】Apex Legends

射撃訓練場でバンガロールを選択し、好きなように動いたときの平均フレームレートを結果とする

グラフィック設定
アンチエイリアスTSAA
テクスチャストリーミング割当
テクスチャフィルタリング異方性16x
アンビエントオクルージョン品質
サンシャドウ範囲
サンシャドウディテール
スポットシャドウディテール最高
空間光有効
ダイナミックススポットシャドウ有効
モデルディテール
エフェクトディテール
衝撃マーク
ラグドール
ウルトラ
FHD平均299fps
WQHD平均283.5fps
4K平均204fps

PC版Apex Legendsはデフォルトで144FPS上限に設定されているので起動オプションから「+fps_max unlimited」を設定した状態で検証しています。

クスノキ

クスノキ

Apex Legendsは「G-Tune FZ-I7G8S」ならWQHDでも240fps以上で安定しますね。画質設定を落とせば更に高いフレームレートで維持ができるでしょう。

【競技系】VALORANT

トレーニングエリアでジェットを選択し、好きなように動いたときの平均フレームレートを結果とする

グラフィック設定
マルチスレッドレンダリングオン
マテリアル
テクスチャー
ディテール
UI
ビネットオン
VSyncオフ
アンチエイリアスFXAA
異方性フィルタリング16x
明瞭度を上げるオフ
シャープネスの動的補正オフ
ブルームオン
ディストーションオン
キャストシャドウオン
ウルトラ
FHD
WQHD
4K平均532.4fps
クスノキ

クスノキ

VALORANTはもちろん快適です。

【競技系】オーバーウォッチ2

練習場でソジョーンを選択し、好きなように動いたときの平均フレームレートを結果とする

エピック
FHD平均472.6fps
WQHD平均354.7fps
4K平均308.9fps
クスノキ

クスノキ

オーバーウォッチ2は「G-Tune FZ-I7G8S」ならどの解像度でも快適ですね。最高設定でもフルHD、WQHDは360fps安定しそうでプロゲーマーにも良さそうですね。360Hzモニターを持っている人がどれくらいいるのかわかりませんけれども。

【競技系】ストリートファイター6

ベンチマークモードで計測

HIGHEST
FHD
WQHD
4K平均59.93fps

ストリートファイター6はバトル時のフレームレートが60を上限に作られています。

クスノキ

クスノキ

ストリートファイター6は「G-Tune FZ-I7G8S」の場合どの解像度でも快適に楽しめますね。

「G-Tune FZ-I7G8S」の各種ベンチマークスコア

G-Tune FZ-I7G8S」の性能を定量的に評価するために主要なベンチマークテストを行います。

CPU性能

CINEBENCH 2024

CinebenchはCPUの処理性能を定量的に評価するためのベンチマークソフトで、複雑なCGをCPUの処理だけで描画し、その結果を数値化し各CPUと比較するためのソフト。対象のCPUがどれくらいの性能を持っているかを正しく評価することができます。

CINEBENCH 2024
マルチコア1,700
シングルコア128
CPUマルチコアシングルコアコアスレッド定格最大
Intel Core i9-14900K2,21113924323.2GHz6.0GHz
AMD Ryzen 9 7950X2,18512516324.5GHz5.7GHz
Intel Core i9-13900KS2,15613524323.2GHz6.0GHz
Intel Core i9-13900K2,14013124323.2GHz6.0GHz
AMD Ryzen 9 7950X3D2,11712116324.2GHz5.7GHz
Intel Core i7-14700K2,02113120283.4GHz5.6GHz
AMD Ryzen 9 7900X1,62911812244.7GHz5.6GHz
Intel Core i7-13700K1,60812916243.4GHz5.4GHz
AMD Ryzen 9 7900X3D1,59612212244.4GHz5.6GHz
Intel Core i9-12900K1,58212616243.2GHz5.2GHz
AMD Ryzen 9 5950X1,4949816323.4GHz4.9GHz
Intel Core i5-14600K1,38812414203.5GHz5.3GHz
AMD Ryzen 9 3950X1,3257216323.5GHz4.7GHz
Intel Core i5-13600K1,25511514203.5GHz5.2GHz
AMD Ryzen 9 5900X1,1899712243.7GHz4.8GHz
Intel Core i7-12700K1,16911412203.6GHz5.0GHz
AMD Ryzen 9 3900XT1,0747912243.8GHz4.7GHz
AMD Ryzen 7 7700X1,0701168164.5GHz5.4GHz
AMD Ryzen 9 3900X1,0687812243.8GHz4.6GHz
AMD Ryzen 5 7600X9211156124.7GHz5.3GHz
Intel Core i5-13400F8739710162.5GHz4.6GHz
AMD Ryzen 7 5800X861988163.8GHz4.7GHz
Intel Core i5-12600K8229510163.7GHz4.9GHz
AMD Ryzen 7 3800X731788163.9GHz4.5GHz
AMD Ryzen 7 3700X708768163.6GHz4.4GHz
Intel Core i5-124007011026122.5GHz4.4GHz
AMD Ryzen 5 5600X668966123.7GHz4.6GHz
AMD Ryzen 5 5600642856123.5GHz4.4GHz
参考:CINEBENCH 2024 - CGDIRECTOR

GPU性能

3D Mark

3D MarkはPCのグラフィック性能を定量的に評価するためのベンチマークソフト。3D Markにはいくつかのテスト方式がありますが、ここでは特にゲーミングPCとしての性能を評価する「TimeSpy」と「FireStrike」を用います。

ベンチマークスコア画像
TimeSpy25,777
FireStrike49,400

ストレージ性能

ストレージ情報

SSDはMICRONの「MICRON 2400」(2TB)が搭載されていました。

Crystal Disk Mark 8

Crystal Disk Markは記憶ストレージの読込速度や書込速度がどれくらいであるかを評価するためのベンチマークソフトです。テスト用のデータを対象のデバイスに読み書きさせ、一定時間内にどれくらいの速度で処理をこなせるかを計測します。

テストはデフォルトの1GiBに加えて最大負荷の64GiBも計測し、速度と応答時間を計測します。

1 GiB(MB/s)
64 GiB(MB/s)
1 GiB(レイテンシ, μs)
64 GiB(レイテンシ, μs)
1GiB64 GiB
シーケンシャル
読み込み速度
4,631MB/s4,651MB/s
シーケンシャル
書き込み速度
3,914MB/s3,890MB/s
ランダムアクセス
読み込み速度
70.25MB/s46.27MB/s
ランダムアクセス
書き込み速度
314.16MB/s224.43MB/s

G-Tune FZ-I7G8S」に搭載されているSSDはシーケンシャル読み込み速度が4,600MB/sを超えており多くの用途でストレスのない速度を実現しています。シーケンシャル書き込み速度は約3,914MB/sで、こちらも十分な速度が計測されました。

負荷の異なる1GiBと64GiBではランダムアクセスの読込性能に差があることが確認できます。

ゲームの読み込み時間(FF14)

FF14のベンチマークテストでゲームのロード時間がどれくらいであるかを計測します。データはベンチマーク終了時に生成されるログファイルから読み取ります。

設定はフルHD、フルスクリーン、画質設定は「最高品質」で行います。

FF14のベンチマークは黄金のレガシーを採用しています。一部暁月のフィナーレの頃のものがあります。参考にならない点もありますが、ご了承ください。

デバイス名ロード時間
G-Tune FZ-I7G8S6.746秒
G-Tune FZ-I7G7A7.064秒
G-Tune DG-I7G7S7.814秒(暁月版)
NEXTGEAR JG-A7G7S8.038秒

「G-Tune FZ-I7G8S」の静音性

快適なデスク環境を構築する上でPCの動作音は無視できません。ゲーミングPCは一般的なPCと比較すると動作音が気になることが多いので、参考までにどれくらいの動作音なのか検証します。

検証はPCケースの正面から30cmのところにデジタル騒音計を置き、場面別にどれくらいの動作音が生じているかを確認します。デジタル騒音計はサンワダイレクトのものを使用しており、測定精度は±1.5dBです。

今回検証した動作音はPCから30cmの距離による数値なので実際に感じるものとは異なる点に留意してください。

当サイトの検証方法の場合PCの騒音は35dB(A)を下回ると静かな部類、36~40辺りが普通、それ以上はうるさいです。

シャットダウンYouTube再生中FF14ベンチ実行時サイバーパンク2077ベンチ実行時Timespy実行時
31.2dB43.2dB47.4dB50.6dB51.2dB

筆者の感覚では「G-Tune FZ-I7G8S」は基本的に何しててもファンが回っている音が顕著に聞こえます。静かかうるさいかで言えばかなりうるさいです。瞬間的に52dBを超えることもありましたね。

PCケースの静音性もあると思いますが、CPUとグラボが発熱しやすいこともあるのでこの性能帯ではある程度致し方ない部分です。

マウスコンピューターのケースの中でもこのフルタワー型はとりわけ音が大きいです。ケースの性能が悪いという見方もできますが、このケースを使う製品はどれもハイエンドだから音が大きいのは仕方ないという見方も。

細かな理屈は良いとして音は大きいです。

「G-Tune FZ-I7G8S」の消費電力

G-Tune FZ-I7G8S」の消費電力をコンセント経由で計測して月々の電気代がどれくらいになるかを計算します。

アイドル時CINEBENCH 2024実行時3DMark Timespy実行時サイバーパンク2077ベンチ実行時
約64.5W約240W約460W約441W

G-Tune FZ-I7G8S」は「Intel Core i7-14700KF」と「NVIDIA GeForce RTX 4080 SUPER」で構成されるPCですが、この組み合わせの消費電力は多い場合でも約460Wでした。瞬間的に500Wを超える場面もありましたがおおよそ500以下で推移していました。

1ヶ月あたりの電気代目安
  • 1日2時間ゲームをする場合:約995円
  • 1日4時間ゲームをする場合:約1,990円
  • 1日8時間ゲームをする場合:約4,000円
  • 1日2時間ネットサーフィン+2時間ゲーム:約1,140円

※記事公開時点での東京電力をもとに計算しています

おわりに

G-Tune FZ-I7G8S」の性能を様々なゲームやベンチマークで検証しました。約50万円のPCとゲーミングPCの中では高級な部類。ほぼすべてのゲームが4Kでとても快適に動作しDLSSを使うことでレイトレーシングも対応可能。「4K+レイトレ+DLSSなし」は現状快適に遊べるPCが存在しなさそうなので諦めましょう。

一つランクが下のRTX 4070 Ti SUPER搭載PCが約40万円、ランクが上のRTX 4090搭載PCが約67万円。性能はもちろん高いほうが良いですが、どういうゲーム環境を構築したいかによってどれがベストか考えましょう。

具体的にはFPSのような競技性の高いゲームで240FPS以上出せれば良いのであればRTX 4070 Ti SUPERでも可能ですが、サイバーパンク2077のようなヘビー級のアクションRPGを4K60FPS以上で動作させるにはRTX 4080以上が必要になります。あとはそのPCを長い間使うのであればできるだけ高性能なものになります。

”おすすめ”は用途と予算によるので、納得いく製品を見つけるのに役立てていただけると幸いです。

以上マウスコンピューターのゲーミングPC「G-Tune FZ-I7G8S」のレビューでした。



クスノキ

クスノキ

調べても難しく書いてあることが多い自作PCに関する情報をわかりやすく、それでいて網羅度の高いコンテンツ作成を目指しています。レビューもおすすめです。

カテゴリー:
関連記事