i7-13700KとRTX 4070 Tiの組み合わせで自作するときのおすすめ構成案

こんばんは、クスノキです。「Intel Core i7-13700K」と「NVIDIA GeForce RTX 4070 Ti」の組み合わせでPCを自作するときの構成案を紹介します。

2024年4月におすすめのゲーミングPC

製品名NEXTGEAR JG-A7G6TG-Tune DG-I7G7S
G-Tune FZ-I9G90
CPURyzen 7 7700i7-14700Fi9-14900KF
GPURTX 4060 TiRTX 4070 SUPERRTX 4090
性能目安✕4K/60FPS
△WQHD/60FPS
◯フルHD/144FPS
◯フルHD/60FPS
✕4K/60FPS
◯WQHD/60FPS
△フルHD/144FPS
◯フルHD/60FPS
◯4K/60FPS
◯WQHD/60FPS
◯フルHD/144FPS
価格¥189,800¥279,800¥639,800
公式ページ詳細を見る  詳細を見る 詳細を見る
※性能目安は負荷の重いサイバーパンク2077を基準とするもの
◯:設定を落とさず実現可能
△:設定を落とすことで実現可能
✕:実現不可

i7-13700KとRTX 4070 TiでPCを自作するときのおすすめ構成案

パーツ一覧

合計金額:301,713円
※公開時点での価格

CPU

グラフィックボード

グラフィックボードはメーカーによって色やファンの数に違いがあるので、どういうゲーミングPCに仕上げたいかどうかで決めてみても良いでしょう。

マザーボード

今回使用するCPU「Intel Core i7-13700K」はオーバークロック対応モデルなので、マザーボードもオーバークロックに対応している「Z790」にしました。

「Intel Core i7-13700K」を搭載する場合はソケットが「LGA1700」、チップセットは「Z790, H770, B760, Z690, H670, B660, H610」のいずれかのものを選びましょう。

オーバークロック対応なら必然的にZシリーズを、コスパ重視であればHシリーズやBシリーズを検討してください。

CPUクーラー

CPUクーラーは水冷の360mmラジエーターでよく冷えるものにしました。カラーバリエーションにはブラックとホワイトがあるのでどういうPCを作りたいかによってどちらを選ぶか検討してください。

メモリ

メモリはDDR5で32GBにしました。予算に限りがあれば16GBにしても構いません。価格差がほとんどないのでわざわざDDR4を選ぶメリットはないでしょう。

SSD

created by Rinker
ウエスタンデジタル(Western Digital)

SSDはNVMe M.2 Gen4で評価の高いウエスタンデジタルのSN770を選びました。

電源

(CPUの消費電力+グラボの消費電力+75W)x 1.5=推奨電源容量

今回の組み合わせにおける推奨電源容量は約750Wです。コスパ重視であれば650Wでも十分です。

CPU/GPUの使用電力目安表
モデル名ベース時最大ターボ時
Intel
14世代
i9-14900K125W253W
i9-1490065W219W
i7-14700K125W253W
i7-1470065W219W
i5-14600K125W181W
i5-1460065W154W
i5-1450065W154W
i5-1440065W148W
13世代
i9-13900K125W253W
i7-13700K125W253W
i7-1370065W219W
i5-13600K125W181W
i5-1360065W154W
i5-1350065W154W
i5-1340065W148W
12世代
i9-12900K125W241W
i9-1290065W202W
i7-12700K125W190W
i7-1270065W180W
i5-12600K125W150W
i5-1260065W117W
i5-1250065W117W
i5-1240065W117W
i3-1210060W89W
11世代
i9-11900K125W-
i7-11700K125W-
i7-1170065W-
i5-11600K125W-
i5-1160065W-
AMD
Ryzen 7000シリーズ(第5世代)
Ryzen 9 7950X170W-
Ryzen 9 7900X170W-
Ryzen 7 7700X105W-
Ryzen 7 770065W
Ryzen 5 7600X105W-
Ryzen 5000シリーズ(第4世代)
Ryzen 9 5950X105W-
Ryzen 9 5900X105W-
Ryzen 7 5800X105W-
Ryzen 7 5700X65W-
Ryzen 5 5600X65W-
Ryzen 5 560065W-
Ryzen 3000シリーズ(第3世代)
Ryzen 9 3950X105W-
Ryzen 9 3900X105W-
Ryzen 7 3800X105W-
Ryzen 7 3700X65W-
モデル名使用電力目安
NVIDIA
RTX 40シリーズ
RTX 4090450W
RTX 4080 SUPER320W
RTX 4080320W
RTX 4070 Ti SUPER285W
RTX 4070 Ti285W
RTX 4070 SUPER220W
RTX 4070200W
RTX 4060 Ti165W
RTX 4060115W
RTX 30シリーズ
RTX 3090 Ti450W
RTX 3090350W
RTX 3080 Ti350W
RTX 3080320W
RTX 3070 Ti290W
RTX 3070220W
RTX 3060 Ti200W
RTX 3060170W
RTX 3050130W
RTX 20シリーズ
RTX 2080 Ti250W
RTX 2080 SUPER250W
RTX 2080215W
RTX 2070 SUPER215W
RTX 2070175W
RTX 2060 SUPER175W
RTX 2060160W
GTX 16シリーズ
GTX 1660 Ti120W
GTX 1660 SUPER125W
GTX 1660120W
GTX 1650 SUPER100W
GTX 165075W
GTX 1080 Ti250W
GTX 1080180W
AMD
Radeon 7000シリーズ
Radeon RX 7900 XTX355W
Radeon RX 7900 XT315W
Radeon RX 7800 XT263W
Radeon RX 7700 XT245W
Radeon RX 7600165W
Radeon 6000シリーズ
Radeon RX 6950 XT335W
Radeon RX 6900 XT300W
Radeon RX 6800 XT300W
Radeon RX 6800250W
Radeon RX 6750 XT250W
Radeon RX 6700 XT230W
Radeon RX 6650 XT180W
Radeon RX 6600 XT160W
Radeon RX 6600132W
Radeon RX 6500 XT107W
Radeon RX 640053W
Radeon 5000シリーズ
Radeon RX 5700 XT225W
Radeon RX 5700180W
Radeon RX 5600 XT150W
Radeon RX 5600150W
Radeon RX 5500 XT130W

OS

OSはWindows 11 HomeでOKです。Proは個人ユーザーには不要です。

ケース

ケースは最も個性が表れる部分なので、好みで選んで良いと思いますが、筆者はフラクタルデザインのシンプルなケースが好きです。

ホワイトモデルもあるので白いゲーミングPCを作りたい方はホワイトモデルをどうぞ。

グリス

i7-13700KとRTX 4070 Ti搭載のおすすめBTOゲーミングPC

CPUIntel Core i7-13700KF
メモリDDR5-4800 32GB(16GBx2)
グラボNVIDIA GeForce RTX 4070 Ti(12GB)
SSD1TB
HDD-※
OSWindows 11 Home 64bit
価格285,250円
G-GEAR GA7J-E230/B - ツクモ

G-GEAR GA7J-E230/B」はIntel Core i7-13700KFとNVIDIA GeForce RTX 4070 Tiを搭載するゲーミングPCです。価格は298,250円。フルHDで240FPSはもちろん、WQHDでも快適に遊ぶことができます。SSDがM.2 NVMeで1TBと多くの用途に応えるものになっています。必要であればオプションで追加することができるのでヘビーな用途にも耐えられる設計になっています。

おわりに

「Intel Core i7-13700K」と「NVIDIA GeForce RTX 4070 Ti」の組み合わせで自作PCを作るときの構成案を紹介しました。

どういうPCを作るか決待っていない方の参考になれば幸いです。



クスノキ

クスノキ

調べても難しく書いてあることが多い自作PCに関する情報をわかりやすく、それでいて網羅度の高いコンテンツ作成を目指しています。レビューもおすすめです。

関連記事